FC2ブログ

8/2(金)株式・債券概況〜米国 対中貿易関税第4弾発動、日経平均-453.83円安

株式・債券概況

8/1(木)
NYダウ 26,583.42 -280.85 -1.05%

米国債10年 / ドル円

急落。トランプ氏の米中貿易関税第4弾発動を受けて106円台半ばまで下落しています。


8/2(金)

日経平均 21087.16 -453.83 -2.11%

日経平均もつられて大幅下落。マーケット的にも予想外だったと思うので、大きく反応して終えています。


政治・経済トピック

米大統領、対中追加関税第4弾を発表

一変して景色が変わりました。米中貿易摩擦については決して楽観しないのですが、前日のFOMCを無事に通過したことで一安心してました。

トランプ氏としては、他国との摩擦がある度に株価が下がるのは容易に、FRBにできるだけ早期に利下げをさせてその状態を継続させたいのだろうと思います。この措置自体は、対中国向けである一方で、対FRBであるという意見に賛同です。

米大統領、対中追加関税第4弾を発表:識者はこうみる


今後ですが、FRBの利下げをどこまで織り込むか、日米実質金利差がどこまで縮小するかで、円高リスクは残りますので、為替の振れ幅によって日経平均も大きな影響を受けると思います。

ドル/円 × 日米実質金利差


8月は日米ともにバケーションタイムで市場が薄くなりますので、急落など注意が必要です。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

パトシリア熊五郎

Author:パトシリア熊五郎


個人投資歴16年、会社経営歴8年(2019時点)

2000年前半投資開始、テクニカル分析による個別株投資→ファンダメンタルズによる個別株投資→ファンダメンタルズによる指数投資(オプション取引含む)

会社経営に携わって以降、マクロな国際情勢と金融資産に相関性を見出し、日本米国の株式を中心に新興国や債券を対象に投資を行っています

ブログ記事は長期投資の視点で記載しますので、個別株の紹介やテクニカル分析は予定しません(たまにあるかも)

あくまでノンプロ、ブログの記事内容は投資助言ではありません

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR