FC2ブログ

10/29(火)株式・債券概況 〜S&P最高値、マイクロソフトとGoogle決算に明暗、英議会で12月総選挙を否決

株式・債券概況

10/28(月)
NYダウ  27089.91 131.85 0.49%
S&P500 3039.42 +16.87 +0.56%

S&Pは最高値更新しました。米中緩和期待や今日から始まるFOMCへの期待から買いが入ったようです。

10/29(火)
日経平均 日経VI  /  東証REIT

日本株も堅調で一時23000台に乗せる展開もありました。

今回のFOMCの結果はほぼ織り込まれてますので、仮に利下げなしとなると注意必要でしょう。


政治・経済トピック

米国経済FRB

マイクロソフトは決算好調、Googleは増収減益でした。マイクロソフトは既存のビジネス向けのシェアを売り切りからサブスクリプションに切り替えるという実質値上げを行ってるだけなんで堅調です。GoogleはEUとの和解金などが響き減益です。ハイテク大手は納税面や個人情報に関する規制当局とのやり取りが激しくなってますから、Googleの決算はどちらかというとネガティブに働きそうです。ただ、米中問題やブレグジットへの懸念も緩和されつつある中、過度に悲観する必要もないと思います。

欧州経済・ブレグジット・ECB

英議会、12月総選挙を否決 EUは1月末までの離脱延期で合意
英下院は28日、ジョンソン首相が提案した12月12日の総選挙実施に関する動議を否決。賛成票は299票と、可決に必要な3分の2に当たる434票に及ばなかった。採決を受けジョンソン首相は12月総選挙の実施提案を改めて行うと表明した。
総選挙するかどうかで揉めているようですね。野党からすると総選挙したら負けることが見えているのでしょう。ジョンソン首相も再提案とのことなので、その結果総選挙ということにもなるんだろうと思います。もはや、このブレグジットはリスク要因として捉えてません。
英ポンド/日本円 /  英FTSE100 /  ユーロ/日本円
今夜からのFOMCは既に90%ほど利下げ織り込まれていますが、今後の展開にどんな示唆が有るかは注目しています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

パトシリア熊五郎

Author:パトシリア熊五郎


個人投資歴16年、会社経営歴8年(2019時点)

2000年前半投資開始、テクニカル分析による個別株投資→ファンダメンタルズによる個別株投資→ファンダメンタルズによる指数投資(オプション取引含む)

会社経営に携わって以降、マクロな国際情勢と金融資産に相関性を見出し、日本米国の株式を中心に新興国や債券を対象に投資を行っています

ブログ記事は長期投資の視点で記載しますので、個別株の紹介やテクニカル分析は予定しません(たまにあるかも)

あくまでノンプロ、ブログの記事内容は投資助言ではありません

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR