FC2ブログ

11/13(水)株式・債券概況|本日の下げはシティグループの利益確定売り?気になるトルコ情勢

株式・債券概況

11/12(火)NY市場

NY市場はほぼ横ばい、ダウは終値の前日比が±0という5-6年ぶりの珍事だったようです。VIXは12.68でほぼ横ばいでした。
NYダウ S&P500
ラッセル2000 米国VIX
米国10年債利回り ドル円

11/13(水)東京市場

昨日の急騰を受けての反落となりましたが、なぜ200円超も下げたのか理由が判然としません。
昨日のトランプ演説や香港の暴動激化を受けての上海株軟調などは後付けの理由のようです。

昨日本日と先物主導で動いてますので、昨日の225先物の売買動向確認すると、買い越し上位3社は、
シティグループ 1,947
SBI 921
野村 850

上記証券の先週末時点での12月限月の日経225先物ポジションは、
<買越>
シティグループ証券 1,910
<売越>
野村証券 32,845
SBI証券 3,621
となります。

可能性としては、シティグループの利益確定売り、野村・SBIの買い転換、でしょうか。
余談ですが、今年シティグループには課徴金が課せられています。
日経225 日経VI 東証REIT 

政治・経済トピック

米中貿易摩擦

まさにタイトルのとおりですが、なぜ本日下げたのかよく分かりません。

トルコ

12日にEUがトルコに制裁を決定したことで、双方活発に応戦しています。
トルコがIS返すぞ、というと私達は受け入れますと、仏に先立って独もIS戦闘員受け入れを表明しました。その代わり、トルコは制裁受けなさいよということと解釈しています。
が、トルコリラは変わらず堅調に推移しています。
S&P500
ブレグジット関連は、 ブレグジットに関する個人的見解 にまとめてます。
本日は米国でトランプ氏弾劾の公聴会開始、トランプ氏はエルドアン氏と会談予定です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

パトシリア熊五郎

Author:パトシリア熊五郎


個人投資歴16年、会社経営歴8年(2019時点)

2000年前半投資開始、テクニカル分析による個別株投資→ファンダメンタルズによる個別株投資→ファンダメンタルズによる指数投資(オプション取引含む)

会社経営に携わって以降、マクロな国際情勢と金融資産に相関性を見出し、日本米国の株式を中心に新興国や債券を対象に投資を行っています

ブログ記事は長期投資の視点で記載しますので、個別株の紹介やテクニカル分析は予定しません(たまにあるかも)

あくまでノンプロ、ブログの記事内容は投資助言ではありません

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR