FC2ブログ

11/22(金)株式・債券概況|日銀ETF復活で下値不安解消、日本の補正予算10兆円&内部留保活用へ税制優遇

株式・債券概況

11/21(木)NY市場

3指数下落。米中協議の行方も知れず、方向感ない展開。
NYダウ S&P500
ラッセル2000 米国VIX
米国10年債利回り ドル円

11/22(金)東京市場

昨日まで2日連続で日銀ETF買いが入り、下値を支えてくれるという安心感があります。3日連続の下落局面で買いやすくなった感もあります。
日経225×海外投資家売買動向 日経VI 東証REIT

11/22(金)上海・香港市場

香港株もテクニカル的にも買いやすい局面で、上昇しています。

上海総合 香港ハンセン

政治・経済トピック

世界経済

世界経済の安定基準の3%を下回った予想です。特に中国に関しては来年再来年の予測を下に見ています。

中国については、今年の成長率予想を9月時点の6.1%から6.2%に若干上方修正した。しかし、貿易摩擦や、輸出から内需に軸足を移す構造変化に伴い経済は減速傾向をたどるとみて20年は5.7%、21年は5.5%と予想した。
その他目を引くところでは、オーストラリア経済は今年がボトム、来年からは持ち直すという予測が出ています。

日本経済

アングル:与党内に経済対策10兆円論、遊水地整備や高齢者運転支援など
10兆円の範囲をどこまでに捉えるかは不透明なんですが、それなりの大型補正となりそうです。
いわゆる真水の経済対策としてどういった分野にどう対策をするのかは興味を持って見ています。

内部留保活用へ税制優遇 自民税調が議論スタート
企業の内部留保活用のための税制改革を実施するということです。
企業の内部留保は、400兆円を超えておりこの活用がアベノミクス以後数年前から課題になっているわけですが、それを税制優遇しながら資金を活用させようということになります。

内部留保の活用に関しては、企業の経営者側にも自問自答すべき点は多々あるかと思いますので、政府だけの問題ではないですが、うまく回って中小企業やスタートアップにも恩恵が有るような形になればと望むところです。

ブレグジット関連は、 ブレグジットに関する個人的見解 にまとめてます。

引き続き楽観姿勢継続で。為替との連動性が高まっている局面も有るので、12月15日目処に為替がいずれに振れるのかには注意が必要です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

パトシリア熊五郎

Author:パトシリア熊五郎


個人投資歴16年、会社経営歴8年(2019時点)

2000年前半投資開始、テクニカル分析による個別株投資→ファンダメンタルズによる個別株投資→ファンダメンタルズによる指数投資(オプション取引含む)

会社経営に携わって以降、マクロな国際情勢と金融資産に相関性を見出し、日本米国の株式を中心に新興国や債券を対象に投資を行っています

ブログ記事は長期投資の視点で記載しますので、個別株の紹介やテクニカル分析は予定しません(たまにあるかも)

あくまでノンプロ、ブログの記事内容は投資助言ではありません

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR