FC2ブログ

11/26(火)株式・債券概況|引き続き米中協議進展待ち、トルコはS-400を独自のシステムで運用か

株式・債券概況

11/26(火)NY市場

3指数上昇、高値更新。
NYダウ S&P500
ラッセル2000 米国VIX
米国10年債利回り ドル円

11/27(水)東京市場

為替も109円台で安定推移、連日の上昇ですが、高値での利益確定も出ながら引けにかけて上げ幅縮小しています。
日経225×海外投資家売買動向 日経VI 東証REIT

11/27(水)上海・香港市場

中国は経済指標軟調でまちまち。ほぼ横ばいでの推移です。

上海総合 香港ハンセン

政治・経済トピック

米中貿易摩擦と香港情勢

米中協議に対して前向きなコメントです。昨日の米国市場もこのニュースを好感し上昇しました。
しかし、最後までどうなるかわからないので、楽観視するものの様子見姿勢は継続です。

米国経済

米国の新築住宅、底堅く堅調なのですが、頭打ち感も出てきました。金利の低下を背景に前年比伸びているのですが、FRBが利下げ打ち止めしてどう変化するのか引き続き注目です。

トルコ

ロシア製ミサイル、NATO防衛システムと統合せず=トルコ高官
こちらもトルコにとっては前向きなニュースと思います。
S400の購入にあたり、米国側と摩擦が有るためソフト・ランディングできそうな気配です。
「技術面での作業をまだ進めている状態だが、S400はNATOの防衛システムや防空システムに統合されない」
とありますので、技術的な検証が行われて、それがNATO側に示され運用が担保できれば問題は解消されていくのではないかと思います。

トルコリラ/日本円
ブレグジット関連は、 ブレグジットに関する個人的見解 にまとめてます。

米中協議引き続き楽観的ですが、ポジションは突っ込まないようにしています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

パトシリア熊五郎

Author:パトシリア熊五郎


個人投資歴16年、会社経営歴8年(2019時点)

2000年前半投資開始、テクニカル分析による個別株投資→ファンダメンタルズによる個別株投資→ファンダメンタルズによる指数投資(オプション取引含む)

会社経営に携わって以降、マクロな国際情勢と金融資産に相関性を見出し、日本米国の株式を中心に新興国や債券を対象に投資を行っています

ブログ記事は長期投資の視点で記載しますので、個別株の紹介やテクニカル分析は予定しません(たまにあるかも)

あくまでノンプロ、ブログの記事内容は投資助言ではありません

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR