FC2ブログ

11/29(金)株式・債券概況|香港市場が大幅下落、気候変動に関する各国の考え方が相場のリスクに

株式・債券概況

11/28(木)NY市場

昨日はサンクス・ギビングのため米国市場は休場です。

11/29(金)東京市場

香港市場の大幅下落を受け、連日の下落で終えています。
日経225×海外投資家売買動向 日経VI 東証REIT

11/29(金)上海・香港市場

上海は持ちこたえたのですが、香港は大幅下落。米中協議の先行き不透明感と明日発表の中国PMIの公表前の持ち高調整ということらしいです。

上海総合 香港ハンセン

政治・経済トピック

米中貿易摩擦と香港情勢

サンクスギビングを活用して、トランプ氏が中東に飛びました。この辺の行動力は流石だなと思います
記事によるとタリバンと停戦の合意を進める意向のようで、引き続き中東情勢には注目です

環境問題

環境問題について振れる機会が多くなりました。
今回の調査で、気候変動に対する懸念は中国でも高く、EUをも上回った。気候変動が社会に対する最大の脅威と回答した人の割合は中国で73%、米国では39%だった。 欧州では15-29歳の若年層の41%が気候変動のため他国に移住しなければならなくなるだろうと回答。特にスペイン、ギリシャ、フランスなど南欧でこうした傾向が顕著だった。 気候変動が日常生活に影響を及ぼしていると回答したのは欧州で82%、中国で98%、米国で76%だった。
個人的には中国の意識の高さに驚きました。
こうした理想論は経済成長とトレードオフになることも有るので、株式などの金融市場にとっては徐々に影響を考慮していくべきタイミングも来るんじゃないかと思います。

ブレグジット関連は、 ブレグジットに関する個人的見解 にまとめてます。

米国の休場を挟むと手掛かり材料難で少しの不安材料で振れてしまうこともあります。週末ですし、手仕舞い売りも後場の相場を押し下げました。明日の中国PMIに引き続き、週明けには米国ISM製造業景況感、12月5日にはOPEC総会があります。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

パトシリア熊五郎

Author:パトシリア熊五郎


個人投資歴16年、会社経営歴8年(2019時点)

2000年前半投資開始、テクニカル分析による個別株投資→ファンダメンタルズによる個別株投資→ファンダメンタルズによる指数投資(オプション取引含む)

会社経営に携わって以降、マクロな国際情勢と金融資産に相関性を見出し、日本米国の株式を中心に新興国や債券を対象に投資を行っています

ブログ記事は長期投資の視点で記載しますので、個別株の紹介やテクニカル分析は予定しません(たまにあるかも)

あくまでノンプロ、ブログの記事内容は投資助言ではありません

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR